寛政9年の降雹

災害年月日
1797年07月07日
市町村
徳島県美波町(由岐町)
災害種類
その他(ひょう)  
概要
寛政9年(1797)6月13日8ツ時夕立して大雹降り、煙草の葉など悉く破れ稲いたむ。(「三岐田町史-正方私記」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、13頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
降雹 正方私記
NO.
徳島5566

よく似た災害

寛政9年の降雹

寛政9年(1797)6月13日8ツ時夕立して大雹降り、煙草の葉など悉く破れ稲いたむ。(「三岐田町史-正方私記」による) 続きを読む

寛政9年の降雹

寛政9年(1797)6月13日8ツ時夕立して大雹降り、煙草の葉など悉く破れ稲いたむ。(「三岐田町史-正方私記」による) 続きを読む

寛政10年の洪水

寛政10年(1798)5月16日より雨降り、夜9ツ特より殊外大雨、17日朝6ツ時より大水、4ツ時分より雨晴る去る。(「三岐田町史-正方私記」による) 続きを読む

寛政10年の洪水

寛政10年(1798)5月16日より雨降り、夜9ツ特より殊外大雨、17日朝6ツ時より大水、4ツ時分より雨晴る去る。(「三岐田町史-正方私記」による) 続きを読む

寛政10年の洪水

寛政10年(1798)5月16日より雨降り、夜9ツ特より殊外大雨、17日朝6ツ時より大水、4ツ時分より雨晴る去る。(「三岐田町史-正方私記」による) 続きを読む