昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年00月00日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)、南海地震による津波のため、小松島市では死者1人の被害を出した。この報告では、小松島市での昭和南海地震被害に関する資料収集を行うとともに、小松島市横須町自主防災会の協力を得て行った地震体験者からのヒアリング調査結果をまとめている。
Googleマップ
参考文献
魁生知佐子・中野晋・黒崎ひろみ・三宅祥寿「小松島市における昭和南海地震体験談の発掘とその証言」(土木学会四国支部編「土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集Vol.13-1」2007年)、34-35頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 津波 死者 自主防災会 体験談
NO.
徳島317

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。この論文では、愛南町の久良小学校の協力のもと、全児童51人に対して昭和南海地震などの地震体験談... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。徳島県では県南部の津波被害が甚大であったため、徳島市の被害は注目されてこなかった。この研究では... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)の南海地震(M8.0)により、徳島市では死者2人、全壊家屋23戸の被害を受けたが、詳細な被害様相は記録されておらず、被害のメカニ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日に起こった昭和南海地震の地震・津波により、徳島県では甚大な被害を受けており、県南部を中心に南海地震体験談がとりまとめ... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む