承徳2年の洪水

災害年月日
1098年00月00日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
風水害  
概要
承徳2年(1098)、大洪水により、北を流れていた流路が岩津を切り離す。また、阿波郡粟島(善入寺島)が南岸の川島・鴨島より切り離されて島となる。(吉野川治水年表による)
Googleマップ
参考画像
参考文献
建設省徳島工事事務所編「写真集 吉野川百年史 資料編」(建設省徳島工事事務所、1991年)、104頁
情報源の種類
写真集
キーワード
洪水 岩津 善入寺島
NO.
徳島6205

よく似た災害

承徳2年の洪水

image

承徳2年(1098)、洪水により、善入寺島はそれまで地続きであった吉野川南岸から切り離されたと言われている。(宮崎淳) 続きを読む

大正9年の洪水

大正9年(1920)8月15日、大雨により財田川が増水し、午後6時半に江藤橋が危険となり切り離した。(村役場の日誌による) 続きを読む

承徳2年の台風

承徳2年(1098)8月8日、暴風雨により阿波一面の洪水となり、この時八田村破れて一の島となる。(「麻植氏系譜」による) 続きを読む

承徳2年の洪水

承徳2年(1098)、大洪水により、現在の岩津狭窄部に流路を変える。(「西林村古記録」、「吉野川ーその治水と利水」による) 続きを読む

享保7年の大雨

享保7年(1722)6月8日、大雨により、430余戸が流れ、貞光町太田の小島、穴吹町舞中島、阿波町岩津が四国山地から切り離された。 続きを読む