大正元年の洪水

災害年月日
1912年00月00日
市町村
徳島県吉野川市(山川町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)、吉野川で洪水があった。その洪水の痕跡を示した石柱が山川町に残されている。石柱の側面には8尺7寸と刻まれており、この付近で約2.6m浸水したことを伝えている。
Googleマップ
備考
吉野川市山川町には、洪水痕跡を示した石柱と昭和2年に完成した吉野川第一期改修を記念する碑が建っている。
参考画像
参考文献
国土交通省四国地方整備局徳島河川国道事務所編「吉野川探訪ガイドブック」(国土交通省四国地方整備局徳島河川国道事務所、2006年)、16頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 吉野川 洪水痕跡 石柱
NO.
徳島6246

よく似た災害

大正元年の洪水

image

大正元年(1912)の大洪水の洪水痕跡を示した石柱が、山川町の吉野川改修記念碑の横に立っている。石柱の高さは記念碑の土台から約2.6mである。 続きを読む

大正元年の洪水

image

大正元年(1912)、洪水。山瀬小学校南川の螢川沿いに洪水碑が建っており、この付近で8尺7寸(約2.6m)の浸水があったことを今に伝えている。碑の写真... 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)8月30日、大洪水。当時7歳の人が書いた手記が掲載されている。この手記には、洪水時に流木や牛が流れていた様子や、小学校の教室の壁に... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)、吉野川は大洪水に見舞われた。この時の洪水氾濫痕跡は今も古い民家の納屋の壁や戸袋に残っている。最近行った痕跡の調査結果から、洪水の... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日の洪水は、明治35年(1902)の洪水よりも約1尺ないし1尺4、5寸水嵩が高かった。大正元年の大水に関する15人の村人の... 続きを読む