宝暦6年の洪水

災害年月日
1756年00月00日
市町村
徳島県吉野川市(鴨島町)
災害種類
風水害  
概要
宝暦6年(1756)、吉野川で大洪水。牛島村(鴨島町牛島)は大洪水に見舞われ、岸之上に築いていた堤防が崩れるほどの大被害となった。途方に暮れる村人の姿を見て、徳島藩士・稲垣監物は藩の許しが得られない中、自らの判断で村中の農民を集めて密かに堤防を築いた。堤防が完成した朝、監物は堤の上で自害した。この堤防は「監物堤」と呼ばれている。
Googleマップ
備考
牛島の稲垣神社には大正3年に稲垣監物碑が建立されているが、この稲垣監物碑には監物が自害した日は宝暦3年9月9日と記されている。
参考画像
参考文献
建設省徳島工事事務所編「高地蔵探訪ガイドブック」(建設省徳島工事事務所、1998年)、21頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 吉野川 牛島 稲垣監物 監物堤
NO.
徳島6260

よく似た災害

宝暦6年の台風

宝暦6年(1756)9月、暴風雨、洪水。(「蜂須賀家記」による)/9月16日、稲垣監物、牛島に監物堤を築いて切腹。 続きを読む

宝暦6年の台風

宝暦6年(1756)9月、暴風雨、洪水。(「蜂須賀家記」による)/9月16日、稲垣監物、牛島に監物堤を築いて切腹。 続きを読む

宝暦9年の洪水

宝暦9年(1759)、梅雨の大洪水に見舞われ、村中大破。(「高徳寺過去帳」による) 続きを読む

宝暦4年の洪水

宝暦4年(1754)4月27日、大洪水で岡本井関切れる。 続きを読む

明治6年の洪水

明治6年(1873)10月2日、洪水により広島裏の手の堤防及び笹木野北地弁蔵前の堤防が決壊した。洪水防御のため、住吉新田の農民が出役した。 続きを読む