昭和49年の台風18号

災害年月日
1974年09月00日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和49年(1974)9月、台風18号が四国西部に上陸後、吉野川上流から下流に向かってほぼ流域を縦断したため、全体的に雨量が多かった。岩津の最大流量は14,470立米/秒を記録し、岩津上流部の無堤地区では氾濫被害が発生し、下流部では飯尾川などで内水被害が発生した。(芦田義則)
Googleマップ
参考文献
とくしま地域政策研究所編「吉野川事典-自然/歴史/文化」(農山漁村文化協会、1999年)、163頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 吉野川 洪水 内水被害
NO.
徳島6692

よく似た災害

平成5年の洪水

平成5年(1993)7月、岩津の最大流量は12,080立米/秒に達し、岩津上流部の無堤地区で氾濫被害が発生した。 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月9日、台風18号が吉野川の上流から下流に向かってほぼ流域を縦断したため、全体的に雨量が多く、基準地点岩津の最大流量は14,4... 続きを読む

昭和49年の洪水

昭和49年(1974)9月、台風が四国西部に上陸し、吉野川の上流から下流に向かってほぼ流域を縦断したため、全体的に雨量が多く、岩津の最大流量は14,4... 続きを読む

昭和49年の台風14号・16号・18号

昭和49年(1974)9月9日の台風14号のほか、台風16号、台風18号により、浸水面積3,144ha、床上浸水708戸、床下浸水5,679戸。(吉野... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日、台風6号により、池田上流域では雨が少なかったが、中下流域に雨が集中し、基準地点岩津の最大流量は13,867立米/秒と... 続きを読む