大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月00日
市町村
徳島県吉野川市(川島町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月、善入寺島で家屋の流出や溺死者が出た。
Googleマップ
参考画像
参考文献
澤田健吉「明治・大正期の洪水と治水」(吉野川文化研究会編「シンポジウム 吉野川再考Ⅳ-洪水と洪水遺産-」吉野川文化研究会、1995年)、6頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 善入寺島 死者 吉野川
NO.
徳島6711

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月、台風が県南の海岸をかすめて阪神地区に上陸し、洪水、高潮による被害が大きかった。吉野川では苅萱堤が決壊し、善入寺島でも10数軒... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日朝、前日からの大雨により、岡川堤防が岡馬場の西70間、柳島字別当の20間にわたり決壊し、溺死者が出た。 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日夜から23日午前にかけて暴風雨が襲来した。宇多津では大束川が2箇所で決壊し、家屋の流失15戸、行方不明者が出た。また、2... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日の吉野川の洪水は浸水範囲が広範囲に及んだ。水嵩は田地面の上1丈で、溺死9名、流失家屋73戸、半壊家屋83戸の被害が出た。... 続きを読む

大正元年の台風

image

大正元年(1912)9月22日から23日にかけての台風は、豪雨による河川の増水、氾濫による洪水被害が甚大であった。一宮では、家屋の浸水、田畑の流失など... 続きを読む