明治32年7月の洪水

災害年月日
1899年07月00日
市町村
徳島県東みよし町(三加茂町)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)7月、大洪水により、三加茂町内で流出家屋11戸、田畑数十町歩が磧となる大被害が発生した。当時の三庄村村長の国安邦太郎は堤防建設を関係当局に陳情したがかなわず、次善の策として水防竹林の造成を始めた。また、三加茂町中庄の長善寺の過去帳にも、明治32年の洪水に関する記述がある。
Googleマップ
備考
水防竹林記念碑が中庄の三庄公民館と西庄の八柱神社に建立されている。
参考画像

参考文献
吉野川上流の史跡ガイド編集委員会編「吉野川上流(三好郡流域)の史跡ガイド 川と人々の歴史」(四国三郎上流域ネットワーク「三郎の会」、2003年)、14-15頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 三加茂町 国安邦太郎 水防竹林 長善寺
NO.
徳島6797

よく似た災害

明治33年の台風

明治33年(1900)9月28日、台風。三加茂で水防竹林が始まる。 続きを読む

慶応2年の洪水

image

慶応2年(1866)8月7日、洪水により万代堤が破損した。巨大な石を落とし入れて水防に供した。(「趣味の郷土羽ノ浦町」による) 続きを読む

明治40年の洪水

明治40年(1907)7月10日、昨夜より雨が降り、説くに正午頃甚だしかった。このため、重信川は大出水となり、午後牛渕の南堤防が決壊して稲田を流出させ... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月の洪水時には、上板町高志で出水に気づかないで下六条水門を修理していたため320余mが破堤して13戸が流失、死者18人を数え、... 続きを読む

明治6年の洪水

明治6年(1873)10月2日、洪水により広島裏の手の堤防及び笹木野北地弁蔵前の堤防が決壊した。洪水防御のため、住吉新田の農民が出役した。 続きを読む