慶応元年の洪水

災害年月日
1865年00月00日
市町村
徳島県阿南市(羽ノ浦町)
災害種類
風水害  
概要
慶応元年(1865)、大洪水により、万代堤が決壊した。慶応3年の万代堤の修築に際して、上の硯石山から巨岩を掘り起こし、洪水時に最も水勢が強く当たるところに大岩を落とし入れた。これにより、洪水時の水防効果が著しく高められた。
Googleマップ
備考
古毛の大岩は長さ約9m、幅約7m、周囲約23mに及ぶ。
参考画像
参考文献
建設省四国地方建設局細川内ダム工事事務所編「ぐらふ那賀川」(建設省四国地方建設局細川内ダム工事事務所、1995年)、36頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 万代堤決壊 硯石山 古毛の大岩
NO.
徳島6805

よく似た災害

慶応2年の洪水

image

慶応2年(1866)8月7日、洪水により万代堤が破損した。巨大な石を落とし入れて水防に供した。(「趣味の郷土羽ノ浦町」による) 続きを読む

天保14年の洪水

image

天保14年(1843)6月15日、洪水により万代堤が200間(362m)にわたり破損し、約5,000両をかけて修築した。(「万代堤事跡考」による) 続きを読む

万延元年の洪水

image

万延元年(1860)8月3日、万代堤が長さ86間(156m)にわたって破損した。修築費用は金3,000両余であった。(「万代堤事跡考」による) 続きを読む

文化元年の洪水

image

文化元年(1804)秋、洪水により堤が500間(約905m)余破損したため、堅固な大堤に修築することになり、翌2年7月に落成した。この堤防は藩命によっ... 続きを読む

慶応元年の洪水

慶応元年(1865)、吉野川で洪水。 続きを読む