昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月11日
市町村
徳島県那賀町(木頭村)
災害種類
土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月11日、台風による豪雨のため、木頭村久井谷の新九郎山(標高1,635m)が崩壊し、平では土石流により6人が生き埋めになる惨事となった。
Googleマップ
備考
平地区には慰霊碑が建立されている。
参考画像
参考文献
国土交通省四国地方整備局那賀川河川事務所編「悠久の那賀川」(国土交通省四国地方整備局那賀川河川事務所、2004年)、5頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 新九郎山崩壊 平 土石流 死者
NO.
徳島6957

よく似た災害

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月11日、台風17号により、那賀川上流では未曾有の大豪雨となり、木頭村日早では連続降雨量2,576ミリを記録した。山は至る所で... 続きを読む

昭和47年の繁藤災害

image

昭和47年(1972)7月5日、土佐山田町繁藤で集中豪雨により山崩れが発生し、救援作業中の消防団員ら60人が生き埋めの惨事となった。崩土量10万立米、... 続きを読む

大正9年の石見寺山の崩壊

大正9年(1920)旧暦7月3日の晩、集中豪雨のため、石見寺山が崩壊し、土石流により4人が犠牲になった。 続きを読む

昭和47年の比島山崩れ

image

昭和47年(1972)9月15日午後7時15分頃、大雨により、高知市比島山北面で高さ30m、幅50mにわたり山崩れが起こり、比島2丁目の住家9戸が全壊... 続きを読む

平成16年の台風21号による土砂災害

平成16年(2004)9月28日、台風21号により風雨ともに強まり、観音寺市粟井では18時に時間雨量66ミリ、19時に65ミリの雨を観測した。西讃地区... 続きを読む