慶長9年の南海地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
徳島県海陽町(海南町)、海陽町(海部町)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、南海地震が発生した。この冊子には、慶長南海地震に関する石碑等として、海陽町浅川の天神社「折損鳥居」、鞆浦の大岩「慶長・宝永地震津波碑」に関する情報が掲載されている。
Googleマップ
備考
淺川の天神社「折損鳥居」、鞆浦の大岩「慶長・宝永地震津波碑」に関する情報を提供する。
参考画像

参考文献
徳島大学環境防災研究センター監修「南海地震を知る 徳島県の地震・津波碑」(徳島県、2008年)、31頁及び42頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
慶長地震 津波 石碑
NO.
徳島7250

よく似た災害

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、わが国最大級の東海・東南海・南海地震が同時に起きた。この冊子には、宝永地震に関する石碑等として、海陽町浅川の観音堂「地... 続きを読む

康安元年/正平16年の南海地震

image

康安元年/正平16年(1361)6月24日、南海地震、津波が発生した。この冊子には、正平南海地震に関する石碑等として、美波町東由岐の「康暦碑」、西の地... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。この冊子には、小松島市の「立江川排水改良事業之碑」、立江八幡神社「農地災害復旧碑」、阿南市鵠の... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が起き、津波が襲来した。この論文では、昭和南海地震・津波に関する碑として、為松公園の南海大地震記念碑(四万... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が起き、津波が襲来した。この論文では、昭和南海地震・津波に関する碑として、為松公園の南海大地震記念碑(四万... 続きを読む