昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月17日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月17日、台風5号により、徳島県下では上勝町で609ミリの最高雨量を記録し、死者1人、家屋被害238戸の被害が出た。
Googleマップ
参考文献
友松靖夫「台風5号の爪跡ー高知県における土砂災害ー」(日本地すべり学会編「地すべりVol.12-3」日本地すべり学会、1975年、所収)、39頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 死者
NO.
徳島7390

よく似た災害

昭和40年の台風23号

昭和40年(1965)9月13日から17日までに、台風23号により、双海町では236ミリの雨量を記録し、農道、農地、水路、橋梁、頭首工に被害が出た。 続きを読む

昭和40年の台風23号

昭和40年(1965)9月13日から17日までに、台風23号により、双海町では236ミリの雨量を記録し、農道、農地、水路、橋梁、頭首工に被害が出た。 続きを読む

平成16年の台風16号

image

平成16年(2004)8月30日、瀬戸内海中部では、台風16号による高潮が大潮の満潮と重なり、軒並み既往最高潮位を記録した。なかでも宇野T.P.+2.... 続きを読む

昭和54年の豪雨

昭和54年(1979)6月26日から7月2日まで豪雨が襲い、松山市では405ミリの降雨量を記録した。市内の各池も氾濫の恐れが出たため、避難命令が出され... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月、南海地震が発生した。県内の最大震度は5で、死者52名、家屋全壊620戸の被害が出た。 続きを読む