明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県四国中央市(新宮村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治32年(1899)8月28日、九州南部から香川県に向けて台風が通過し、各地で山崩れが起こった。古野小学校の流失、宮川地区の家屋流失、床上浸水。この時、別子大災害が起こり、当地銅山川沿岸にも犠牲者が多数流れ着いた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新宮村誌編纂委員会編「新宮村誌 歴史行政編」(新宮村、1998年)、554頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 古野小学校 宮川 別子銅山
NO.
愛媛482

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、暴風雨により、別子銅山水害が起こり、死者512人、家屋の流失・倒壊186戸。その他東予で死者151人。 続きを読む

昭和50年の台風5号・6号

image

昭和50年(1975)8月17日、台風5号により、最大風速40m、最大1時間当たり119ミリの雨が断続的に降り続いた。吾北村では死者5人、重軽傷者15... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月21日~24日、台風により、宮内村では堤防の決壊、家屋の倒壊・埋没・浸水・流失、田畑の浸水・流失の被害が出た(「宮内村日誌」... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号に伴う集中豪雨があった。内海地区の10日から12日の3日間の雨量は年間雨量を上回る1,400ミリに達... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)、台風17号により、肥地木地区の4回の鉄砲水、山崩れ、家屋浸水などが起こり、重傷者1名、家屋の全半壊25戸、浸水336戸、一部損... 続きを読む