大正元年の台風

災害年月日
1912年09月22日
市町村
愛媛県四国中央市(新宮村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正元年(1912)9月22日~23日に、高知から兵庫県に向けて台風が通過した。暴風雨が激しく、洪水が起こり、山崩れ、家屋の流失により死傷者も出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新宮村誌編纂委員会編「新宮村誌 歴史行政編」(新宮村、1998年)、554頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 死者
NO.
愛媛483

よく似た災害

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風により、南予地方で特に雨量が多く、大山津波が起こり、多数の死傷者が出た。 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)7月12日、暴風雨により、死傷者14人、家屋の全壊53戸等被害多数。 続きを読む

大正11年の旋風

大正11年(1922)8月2日、三野町清水で旋風が起こり、家屋の全壊13棟、半壊8棟、死者2人、負傷者10人の被害が出た。 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月、吉野川で大洪水が起こり、被害総額は268万円余に及んだ。(松下師一) 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月10日から3日間雨が降り続き、13日には川之江の町内各所で金生川の洪水により町内は泥海と化した。家屋の浸水はほとんど全町に及び... 続きを読む