享保7年8月の台風

災害年月日
1722年09月24日
市町村
愛媛県四国中央市(伊予三島市)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
享保7年(1722)8月14日、23~24日に台風が来襲し、各地の堤防は崩れ、山崩れの被害が続出した。稲は倒れ不作となり、路傍に難民があふれる窮状となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊予三島市史編纂委員会編「伊予三島市史 上巻」(伊予三島市、1984年)、371頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堤防決壊 山崩れ
NO.
愛媛484

よく似た災害

享保7年の風雨

享保7年(1722)6月23日、8月14日及び8月22日~23日、大風雨、堤防破れ、山崩れ溺死者100余。大飢饉となり、路傍に難民あふれる。(神恵院蔵... 続きを読む

享保9年の干ばつ

享保9年(1724)4月から6月まで日照りとなり、田植えができなくなった。雨乞いが盛んに行われたが、大不作となった。 続きを読む

享保10年の干ばつ

享保10年(1725)6月から8月まで大干ばつが続き、不作となった。 続きを読む

享保7年の風雨

享保7年(1722)8月22日雨甚だしく、23日に至り大風雨となり、堤防悉く潰え、田野は3日間海のようになった。山は崩れ、民は流散し、溺死者100余人... 続きを読む

享保7年の台風

享保7年(1722)、暴風雨で被害甚大、死者88人に及んだ。翌8年も2年連続の凶作となり、藩士は減俸となった。 続きを読む