享保9年の干ばつ

災害年月日
1724年05月00日
市町村
愛媛県四国中央市(伊予三島市)
災害種類
渇水  
概要
享保9年(1724)4月から6月まで日照りとなり、田植えができなくなった。雨乞いが盛んに行われたが、大不作となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊予三島市史編纂委員会編「伊予三島市史 上巻」(伊予三島市、1984年)、371頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
日照り 雨乞い
NO.
愛媛485

よく似た災害

享保9年の干ばつ

享保9年(1724)、各地で干ばつの被害が多く、雨乞いが盛んに行われた。 続きを読む

明治31年の干ばつ

明治31年(1898)7月から8月にかけて、干ばつにより雨乞い盛んに行われる。畑作は悉皆枯死。8月25日、51日目に降雨。 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)、干ばつのため稲の植え付けのできないところが多く、損毛高は116,258石余に及び、最大の凶作となった。この間、家中、郷町でも雨乞... 続きを読む

昭和6年の干ばつ

昭和6年(1931)、干害で田は真っ白になった。雨乞いが8月17日から9月16日までの31日間行われた。 続きを読む

明治19年の干ばつ

明治19年(1886)、干害のため、雨乞いが行われた。 続きを読む