宝暦5年の干ばつ

災害年月日
1755年00月00日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
渇水  
概要
宝暦5年(1755)、干害と収穫期の雨のため不作。西條藩主・松平頼淳の善政談が伝えられる。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
久門範政編「西條市誌」(西条市、1966年)、1058頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 松平頼淳
NO.
愛媛493

よく似た災害

宝暦12年の干ばつ

宝暦12年(1762)5月、6月、大旱。藩公松平頼恭、大護寺に命じ雨を祈らしめ、自筆の願文を納む。(「香川県史」による)(香川県の旱魃年表) 続きを読む

承応3年の干ばつ

image

承応3年(1654)、大干害。この干害をきっかけとして、藩主松平頼重公の手当を受けて、大谷池が現在の所に改築された。 続きを読む

寛文8年の干ばつ

寛文8年(1668)、干ばつ。高松平野の日照りは厳しく、藩命により香東川安原の百々渕(藩の祈雨所)で、雨乞い祈願が行われた。(「松平頼重伝」による) 続きを読む

宝暦12年の干ばつ

宝暦12年(1762)夏、大旱。6月、松平頼恭が高松藩に帰ると、農民の困苦を察し、大護寺の住僧栄寿に命じて雨乞いを行うとともに、宰臣肥田政朝を遣わして... 続きを読む

天保13年の風雨

天保13年(1842)6月3日、大風雨、洪水。上家地では山崩れが伝えられている。(「明治村誌」、「毛利氏歴要紀略」等による) 続きを読む