明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治32年(1899)8月28日から激しい暴風雨となり、加茂村荒川山では死者51人、家屋の流失60人となった。西之川山では山崩れがあり、西之川鉱山の小屋などが埋没した。別子鉱山で512人の死者が出たのもこの時である。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
久門範政編「西條市誌」(西条市、1966年)、1060-1061頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 荒川山 死者 西之川山 山崩れ
NO.
愛媛501

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、激しい暴風雨により、加茂村の荒川山では死亡者51人、家屋の流失60戸、西之川山では山崩れなどもあり、西之川鉱山の小屋... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月21日~24日、台風により、三瓶町では垣生字ステンクボ中腹で約2町歩にわたる山崩れがあり、配水作業中に2人が埋没し、10日後... 続きを読む

昭和21年の山崩れ

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、道後で山崩れがあり、源泉が埋没した。 続きを読む

明治45年の洪水

明治45年(1912)、重信川北岸堤防が決壊し、龍沢泉が埋没した。(東温市の水利年表) 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、大暴風雨、出水、菅生村で12戸倒壊。(久万町中野村の秋本富十郎氏の日記による)/筆者(露峰の人)の祖父の話によると、... 続きを読む