天和3年の干ばつ

災害年月日
1683年00月00日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
渇水  
概要
天和3年(1683)、日照りが続き、川も池も干し上がり、池底には亀裂ができる状態で、田植えだけでなく、苗代の養い水にも事欠き、村の鎮守の神様には雨乞いの人が絶えなかった。 記録によると、5月1日、代官は桑村郡内各村の代表者を鷺森神社に集め、神官に雨乞いの祈とうを行わせた。祈祷は3日3夜続けられたが、満願の日も強い日照りであった。しかし、それから3日後の6日早朝から翌7日早朝まで雨が降り、田植えを終えることができたため、鷺森神社はお礼参りの人たちで賑わったという。
Googleマップ
参考画像
参考文献
壬生川郷土史研究委員会編「壬生川郷土史」(壬生川郷土史研究委員会、2009年)、71頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 鷺森神社 祈祷
NO.
愛媛506

よく似た災害

享保9年の干ばつ

享保9年(1724)4月から6月まで日照りとなり、田植えができなくなった。雨乞いが盛んに行われたが、大不作となった。 続きを読む

天和3年の干ばつ

天和3年(1683)4月18日より、大日照りにより、田植えできなかった所が多かった。(「香川県史」、「蓮井氏記録」等による) 続きを読む

明和4年の干ばつ

image

明和4年(1767)、干ばつのため、藩から水主神社に雨乞いの要請があった。6月7日から修行を始めたところ、7日夜に早速大雨が降り、翌日から植え付けがで... 続きを読む

享保9年の日照り

image

享保9年(1724)5月、6月は日照りのため、道前五郡のうち200町歩余は植え付けができずに、味酒明神(阿沼美神社)と道後八幡(伊佐爾波神社)に二度の... 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)5月頃から干ばつのため、植え付けができない所が多かった。雨乞い祈祷。 続きを読む