昭和47年の台風9号

災害年月日
1972年07月00日
市町村
愛媛県久万高原町(面河村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和47年(1972)7月、台風7号により、降水量は石鎚山成就397ミリ、久万232ミリ、石鎚山系で700ミリに達する所もあり。石鎚スカイラインの地すべり、地盤沈下のため、若山地区77世帯156人に対して、面河村初めての避難命令が発令された。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中川鬼子太郎編「面河村誌」(面河村、1980年)、13-14頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 石鎚スカイライン 地すべり 地盤沈下 避難命令
NO.
愛媛533

よく似た災害

平成10年の台風10号

平成10年(1998)10月17日21時頃、台風10号は高知県西部に再上陸し、愛媛県東部から高松市を通過し、瀬戸内海に抜けた。八幡浜市の南裏地区では、... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が高知に上陸、長野谷山津波的氾濫、死者1人、行方不明1人、長野地区地すべり。30haの山地・耕地・人家3戸... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月、台風17号による集中豪雨のため、井川町正夫で顕著な地すべりが観測された。この報告は、台風17号前後にわたる、結晶片岩地すべ... 続きを読む

昭和29年の肥土山の地すべり

昭和29年(1954)6月、肥土山地区で地すべりが起こり、3haの農地と水路、道路、ため池等に769万円の被害を受けた。 続きを読む

昭和17年の肥土山の地すべり

昭和17年(1942)8月、肥土山地区で地すべりが発生し、農地が被害を受けた。 続きを読む