明治19年9月の台風

災害年月日
1886年09月10日
市町村
愛媛県今治市(玉川町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治19年(1886)9月10日、台風により、立岩川、石手川の堤防決壊し、櫛生村で山岳崩壊して死者80人。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
玉川町誌編纂委員会編「玉川町誌」(玉川町、1984年)、831頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 死者
NO.
愛媛601

よく似た災害

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、台風により石手川の堤防決壊、櫛生村の山岳崩壊などで死者80人の被害を出した。この台風の被害により、松山測候所設立の気... 続きを読む

明治25年の水害・土砂災害

明治25年(1892)7月23日、宍喰川の氾濫と山岳崩壊により、宍喰村は下記の被害を受けた。流死1人、家屋半壊4戸、浸水190戸、船舶の破壊・流失2艘... 続きを読む

明治25年の台風

image

明治25年(1892)7月23日朝、台風が高知市付近に上陸して山陰に抜けた。徳島県は暴風雨、洪水、高潮の大災害に見舞われ、その上山岳の崩壊も数知れなか... 続きを読む

明治25年の台風

image

明治25年(1892)7月23日朝、台風が高知市付近に上陸して山陰に抜けた。徳島県は暴風雨、洪水、高潮の大災害に見舞われ、その上山岳の崩壊も数知れなか... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月18日、愛媛県は暴風雨に見舞われた。このため、立岩川、石手川の堤防が決壊したほか、河川の氾濫が相次ぎ大きな被害を受けた。その... 続きを読む