治暦3年の干ばつ

災害年月日
1067年03月23日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
渇水  
概要
治暦3年(1067)2月6日、大干のため、能因法師が三島明神で雨乞いをする。(「三島神社文書」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、108頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 能因法師 三島明神 雨乞い
NO.
愛媛617

よく似た災害

治暦2年の干ばつ

image

治暦2年(1066)、大いに旱す。永凱が三島神社に祈ると、忽ち潤雨となり、稲が成長し、士民大いに悦んだ。(「伊予温故録(三島縁起)」による) 続きを読む

享保3年の干ばつ

享保3年(1718)6月24日、大干ばつで雨乞いをする。牛馬疫死多し。(神恵院蔵の「弘化録」及び「讃岐大日記」による) 続きを読む

大正11年の干ばつ

大正11年(1922)、干ばつのため、8月31日に大谷村の三島神社で雨乞い。(「大谷村役場日誌」による) 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)7月~8月、干害。雨乞いをする。 続きを読む

享保10年の干ばつ

享保10年(1725)6月から8月まで大干ばつ、雨乞いをする。(神恵院蔵の「弘化録」及び「讃岐大日記」による) 続きを読む