明和7年の干ばつ

災害年月日
1770年00月00日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
渇水  
概要
明和7年(1770)夏、秋の干ばつによる損毛届8,577石余。(「国府叢書」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、109頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 国府叢書
NO.
愛媛631

よく似た災害

明和4年の干ばつ

明和4年(1767)12月16日、夏秋の干ばつによる損毛高21,141石余。(「国府叢書」による) 続きを読む

延享4年の干ばつ

延享4年(1747)11月24日、夏の干ばつにより損毛届9,810石余。(「国府叢書」による) 続きを読む

寛延2年の干ばつ

寛延2年(1749)12月7日、夏の干ばつにより損毛届15,792石余。(「国府叢書」による) 続きを読む

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)8月、干ばつにより植え付けできず、不熟損毛高16,918石余。(「国府叢書」による) 続きを読む

宝暦10年の干ばつ

宝暦10年(1760)、干ばつ、虫付による損毛届8,315石余。(「国府叢書」による) 続きを読む