明治34年の豪雨

災害年月日
1901年07月15日
市町村
愛媛県今治市(菊間町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治34年(1901)7月15日、豪雨により川上で山崩れ、死者1人、馬1頭重傷。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
菊間町誌編さん委員会編「菊間町誌」(菊間町、1979年)、60頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 川上 山崩れ 死者
NO.
愛媛718

よく似た災害

昭和2年の豪雨

昭和2年(1927)4月3日、豪雨により、柏崎の県道で山崩れ。 続きを読む

昭和27年7月の豪雨

昭和27年(1952)7月2日~3日、豪雨により長尾で山崩れ。県下の土木被害5億7,000万円。(高松気象台の資料による) 続きを読む

明治32年の豪雨

image

明治32年(1899)8月28日、豪雨により、別子山で山津波が起こり、死者が600人近くに及ぶなど大きな被害が出た。この稿には、角石原付近、風呂屋谷方... 続きを読む

明治9年の山崩れ

明治9年(1876)10月31日夜甚だしい雷雨により、中筋川、後川筋で山崩れ多く、没家、圧死者多し。耕地被害も甚大。(「中村町資料」による) 続きを読む

明治32年の豪雨

image

明治32年(1899)8月28日、豪雨により、別子山で山津波が起こり、死者が600人近くに及ぶなど大きな被害が出た。この稿には、見花谷方面、両見谷方面... 続きを読む