昭和6年の豪雨

災害年月日
1931年07月06日
市町村
愛媛県今治市(菊間町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和6年(1931)7月6日、豪雨により山崩れ、土砂埋没多し。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
菊間町誌編さん委員会編「菊間町誌」(菊間町、1979年)、62頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 山崩れ
NO.
愛媛727

よく似た災害

大正15年7月の豪雨

大正15年(1926)7月3日、豪雨により、雨量100ミリを記録。床下浸水、ため池決壊、土砂埋没等あり。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による) 続きを読む

昭和2年の豪雨

昭和2年(1927)4月3日、豪雨により、柏崎の県道で山崩れ。 続きを読む

昭和48年の大雨

昭和48年(1973)6月27日、大雨により山崩れ。 続きを読む

昭和27年7月の豪雨

昭和27年(1952)7月2日~3日、豪雨により長尾で山崩れ。県下の土木被害5億7,000万円。(高松気象台の資料による) 続きを読む

昭和47年の繁藤豪雨

image

昭和47年(1972)7月5日早朝、集中豪雨により、土佐山田町繁藤の通称追廻山(おいまわしやま)で山崩れが発生した。家屋の土砂排除などの作業中に、6時... 続きを読む