昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年05月00日
市町村
愛媛県上島町(生名村)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)5月以降、降雨量が極端に少なく、7月に多少の降雨があったが、それ以後は晴天続きで、用水確保が困難な生名村では稲の植え付け不能となった水田が続出した。事態は深刻化し、愛媛県の町村会長ほかが政府関係当局に陳情するとともに、県当局に対して協力に対策を要請した。干害救済運動が本格化し始めた9月に、室戸台風に見舞われた。(「愛媛県史」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
生名村誌編纂委員会編「生名村誌」(生名村、2004年)、386-387頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 干害救済運動 愛媛県史
NO.
愛媛742

よく似た災害

明治32年7月の洪水

image

明治32年(1899)7月、大洪水により、三加茂町内で流出家屋11戸、田畑数十町歩が磧となる大被害が発生した。当時の三庄村村長の国安邦太郎は堤防建設を... 続きを読む

昭和48年の干ばつ

昭和48年(1973)7月10日から9月10日まで降雨少なく渇水。池田町では池田、蒲生両地区に対して給水を制限。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、前年11月より降雨が少なく、この年5月、6月に少雨、7月、8月に各1回少雨があっただけで、明治27年以来の大干ばつとなった。長... 続きを読む

昭和42年5月・6月の干ばつ

昭和42年(1967)5月27日から6月にかけて降雨なく、旱害。(「愛媛県史概説」による) 続きを読む

嘉永5年の干ばつ

嘉永5年(1852)5月中旬頃から7月にかけて、ほとんど降雨がなく、水涸れにより米麦の値段が上がったことが、突抜町の吉田家文書に記されている。また、吉... 続きを読む