寛政2年の干ばつ

災害年月日
1790年08月00日
市町村
愛媛県今治市(伯方町)
災害種類
渇水  
概要
寛政2年(1790)7月、干ばつにより、松山藩で米の被害が7,450石に及び、藩庁では領民に対して倹約を続けるように命じた。木浦村では「この年(寛政2年)は旱害で、夏作、秋作とも大きな被害を受けました。」(木浦村年代記)と記されている。
Googleマップ
参考文献
伯方町誌編纂会編「伯方町誌」(伯方町誌編纂会、1988年)、377頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 倹約 木浦村年代記
NO.
愛媛743

よく似た災害

寛政11年の台風

寛政11年(1799)8月19日、大風により、木浦村の大屋の波止が崩れ、それに高潮が加わって新田に海水が流れ込んだため、新田に大きな被害が出た。 続きを読む

寛政9年の干ばつ

寛政9年(1797)、干ばつのため秋作が不熟であった。 続きを読む

寛政10年の干ばつ

寛政10年(1798)5月16日~8月15日、90日間干天続き、秋作皆無多し、窪地の岩戸出間以東は豊作。(「戸波村史」による) 続きを読む

寛永9年の干ばつ

寛永9年(1632)、干ばつ。有司に命じて窮民をめぐみ救う。(「蜂須賀家記」による) 続きを読む

寛永9年の干ばつ

寛永9年(1632)、干ばつ。有司に命じて窮民をめぐみ救う。(「蜂須賀家記」による) 続きを読む