嘉永6年の大雨

災害年月日
1853年06月23日
市町村
愛媛県今治市(伯方町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
嘉永6年(1853)5月17日から18日にかけて大雨が降り、木浦村では所々の川土手が切れて、特に持越、福浦、洗足あたりの田が砂に埋もれ、和田谷3箇所で土砂崩れが起こり、家が倒壊して死傷者がかなり出たという。
Googleマップ
参考文献
伯方町誌編纂会編「伯方町誌」(伯方町誌編纂会、1988年)、388頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 木浦村 堤防決壊 土砂崩れ 死者
NO.
愛媛748

よく似た災害

昭和18年の大雨

昭和18年(1943)7月、大雨が数日降り続き、僧都川の堤防が城辺地区で2箇所大きく決壊し、御荘町でも観栄橋付近で土手が崩れ、和口橋や観栄橋も流失し、... 続きを読む

昭和33年2月の大雨

昭和33年(1958)2月1日~2日、低気圧が土佐沖を通過したため、全県下で強雨となり、特に西部、中部に集中した。2日の雨量は高岡、須崎、窪川で100... 続きを読む

平成5年の大雨

平成5年(1993)7月27日夜から28日にかけて、台風5号から変わった低気圧による大雨のため、各地で床下浸水、土砂崩れによる道路通行止めなどの被害が... 続きを読む

昭和47年の繁藤災害

image

昭和47年(1972)7月5日午前6時頃、集中豪雨により、繁藤追廻山で土砂崩れが起こり、6時45分頃2回目の山崩れにより土砂除去作業中の消防団員1人が... 続きを読む

平成5年の台風5号

平成5年(1993)7月31日、台風5号による記録的豪雨のため、三津子野集落で大規模な土砂崩れが発生し、民家2棟が土砂に埋まる。人的な被害はなかったが... 続きを読む