明治6年の干ばつ

災害年月日
1873年02月00日
市町村
愛媛県今治市(宮窪町)
災害種類
渇水  
概要
明治6年(1873)2月頃から降雨がなく、5、6月になっても雨はなく、稲播種の養水を得ることができず、県下一円深刻な水飢饉の様相を呈した。数万町歩の田地は干し上がって亀裂を生じ、泉水を汲んで田植えをしても枯萎し、そば、大豆などを播いても炎日のため生育しなかった。特に島嶼部では酷烈で、農業用水はもとより、井戸水も涸れて飲料水にも窮する状態であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宮窪町誌編集委員会編「宮窪町誌」(宮窪町、1994年)、595頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛756

よく似た災害

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)2月、3月頃から旱害が続き、県下の河川や沼地は次第に減水し、5月には農業用水も絶えてしまった。その後、田植え時期の6月に入っても雨... 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)6月~7月、干ばつにより稲播種の養水も得ることができない状態であり、たまたま泉水を汲んで田植えをしても成育しない状況となった。 続きを読む

昭和4年の干ばつ

昭和4年(1929)7月10日~9月19日、干ばつ。特に島嶼部では水不足のため、甘藷は甚だしく不作であった。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による)... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつ。冬期から降雨が少なく、植付期になっても降雨なく、各水利組合では会合を重ね、昼夜兼行で田植えの完了に努めた。7月20日頃... 続きを読む

明治30年の干ばつ

明治30年(1897)7月22日~8月16日の降雨は、東予海岸で20ミリ以下で、特に島部で被害。 続きを読む