明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治32年(1899)8月28日、台風により、東予地方の山間部では豪雨となり、宇摩、新居郡、特に別子銅山では大規模な山崩れが続出し、死者512人、家屋倒壊122戸等の惨状を呈した。別子銅山はその施設設備に大損害を受けた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宮窪町誌編集委員会編「宮窪町誌」(宮窪町、1994年)、596頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨 別子銅山 山崩れ 死者
NO.
愛媛757

よく似た災害

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月28日、別子銅山で大水害が発生し、死者は513人に達した。この稿には、別子銅山殉職者追悼法要の様子と大水害の概要が示されてい... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、暴風雨により、別子銅山水害が起こり、死者512人、家屋の流失・倒壊186戸。その他東予で死者151人。 続きを読む

元禄6年の風雨

image

元禄6年(1693)6月21日、大風雨により、別子銅山では蔵13箇所、坑夫小屋200余軒が吹き潰されるという被害を受けた。 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)8月28日、洪水、加茂川汎溢死者51人、別子銅山崩壊、死者1,000余人、国領川決潰、死者100余人、聖上侍従差遣金1,600円... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日~29日、暴風雨のため被害多し。別子銅山の死者512人、負傷者26人。(「新居郡誌」等による) 続きを読む