昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年05月00日
市町村
愛媛県今治市(宮窪町)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)5月以降から降雨量が非常に少なく、県下では稲の植付不能1,000町歩、遅延10,000町歩以上となった。8月末まで夏型天候が続き、大旱害となった。宮窪町では大川筋に跳ね釣瓶が立ち並び、稲田に水を汲み上げる作業が行われた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宮窪町誌編集委員会編「宮窪町誌」(宮窪町、1994年)、596頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 大川 跳ね釣瓶
NO.
愛媛758

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)8月、大旱害により、高津、中原、川古、西村等は収穫皆無となった。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、大旱害により村に一粒の米もなし。 続きを読む

昭和26年の干ばつ

昭和26年(1951)7月20日から8月16日まで、太平洋高気圧におおわれて日照りが続き、本県では36年ぶりの干ばつとなった。被害は水稲29,563反... 続きを読む

昭和17年の干ばつ

昭和17年(1942)8月、30日間干天が続き、干ばつとなった。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

享保10年の干ばつ

享保10年(1725)6月から8月まで大干ばつが続き、不作となった。 続きを読む