昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県今治市(宮窪町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日未明、南海道沖でM.81の大地震が発生し、県下では震度4~5となり、被害は県下で死傷者58人、家屋の全半壊1,343戸に及んだ。地震後、瀬戸内海沿岸では地盤沈下が続き、その対策に追われることになった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宮窪町誌編集委員会編「宮窪町誌」(宮窪町、1994年)、598-599頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 死者 地盤沈下
NO.
愛媛761

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海道沖でM8.1の大地震が発生した。愛媛県の被害は県下一円に及んだが、特に周桑郡の壬生川町・国安村... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、大地震が襲った。瀬戸内海沿岸では地盤沈下が顕著になった。建設省地理調査所の測量結果によると、新居浜付... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震津波が来襲した。この津波による津波高は、1707年宝永地震津波や1854安政南海地震津波と比べて津波の規模が小さく、四... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震津波が来襲した。この津波による津波高は、1707年宝永地震津波や1854安政南海地震津波と比べて津波の規模が小さく、四... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、南海地震津波が来襲した。四国の瀬戸内海沿岸の津波高は、香川県で1~1.5m程度、愛媛県で1~2.5m程度であったと推定され、伊予... 続きを読む