明治37年の干ばつ

災害年月日
1904年00月00日
市町村
愛媛県今治市(上浦町)
災害種類
渇水  
概要
明治37年(1904)、大干ばつのため、水田に野井戸を造り始めた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上浦町誌編さん委員会編「上浦町誌」(上浦町、1974年)、374頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 野井戸
NO.
愛媛771

よく似た災害

明治27年の干ばつ

image

明治27年(1894)、干ばつのため、135日間降雨が皆無であった。この後も数回干ばつの被害を受け、満濃池では堤防を3尺嵩上げするための工事が明治38... 続きを読む

明治6年の干ばつ

image

明治6年(1873)、記録的な大干ばつのため、多伎神社では4度の雨乞い祈祷を執行した。 続きを読む

弘化3年の干ばつ

弘化3年(1846)夏、大干ばつのため、常水田を誇る石仏免も水不足で難儀した。 続きを読む

寛文3年の干ばつ

寛文3年(1663)、干ばつのため、物成三分の一不納なり。(「松山叢談」による)7月、大干ばつのため、不作。(「新居郡誌」による) (註)九州及び江戸... 続きを読む

明治19年の干ばつ

明治19年(1886)、干ばつのため、7月29日より3日間総雨乞い。 続きを読む