大正12年の干ばつ

災害年月日
1923年00月00日
市町村
愛媛県今治市(上浦町)
災害種類
渇水  
概要
大正12年(1923)、大干ばつのため、大山祗神社で千人踊りの雨乞いを行った。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上浦町誌編さん委員会編「上浦町誌」(上浦町、1974年)、374頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 大山祗神社 雨乞い
NO.
愛媛772

よく似た災害

文久元年の干ばつ

文久元年(1861)5月初旬以来、干天が続いた。郡中地方では6月23日、24日に戎社で雨乞い踊りを行い、7月2日には総村千人踊りの雨乞いを実施した。7... 続きを読む

文久元年の干ばつ

文久元年(1861)5月初旬以来、干天が続いた。郡中地方では6月23日、24日に戎社で雨乞い踊りを行い、7月2日には総村千人踊りの雨乞いを実施した。7... 続きを読む

文久元年の干ばつ

文久元年(1861)5月初旬以来、干天が続いた。郡中地方では6月23日、24日に戎社で雨乞い踊りを行い、7月2日には総村千人踊りの雨乞いを実施した。7... 続きを読む

天保10年の干ばつ

天保10年(1839)6月~7月、干ばつ。7月20日、如法寺河原で千人踊り、雨乞いをする(大洲領)。 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月以来、約100日間降雨がなく、各地で雨乞いを行った。50年来の大干ばつという。 続きを読む