昭和42年の干ばつ

災害年月日
1967年07月11日
市町村
愛媛県今治市(上浦町)
災害種類
渇水  
概要
昭和42年(1967)7月11日から10月5日までの86日間で、雨が54.2ミリしか降らず、ひどい干ばつに見舞われた。主幹作物のみかんが全地区とも枯死寸前の状態となった。井戸の新設、ポンプの増設等は国・県の補助対象となり、応急対策費は168施設1,800万円余となった。この年は水害と干ばつの二重パンチで、みかん農家は再起不能の状態に追い込まれた。
Googleマップ
備考
原資料では昭和42年(1966)となっているが、昭和42年(1967)に修正した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上浦町誌編さん委員会編「上浦町誌」(上浦町、1974年)、378頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛775

よく似た災害

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月10日から10月5日までの85日間、西日本を中心に記録的な干ばつとなった。みかんは8月下旬頃から葉が巻き始め、いわゆる菊みか... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月9日に93.5ミリの雨があった後、10月5日までの87日間、雨らしい雨がなかった。農作物の被害は、水稲、甘藷、栗、柿、みかん... 続きを読む

昭和36年の干ばつ

昭和36年(1961)7月1日~9月13日までの総降水量は27ミリの干ばつで、干害応急対策事業を実施。(伊方町資料による) 続きを読む

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)8月10日~30日の総降水量は30ミリの干ばつで、干害応急対策事業を実施。野菜などに干害が出て、秋まき野菜の種まき期が遅れた。(... 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、干ばつにより、畑作物は枯死全滅の状態となった。(「徳島毎日新聞」による) 続きを読む