明治18年の洪水

災害年月日
1885年05月00日
市町村
愛媛県今治市(大三島町)
災害種類
土砂災害  
概要
明治18年(1885)5月頃、大洪水が発生し、裏の山が崩れ、4歳の子どもが亡くなった。(「万福寺過去帳」による) なお、この時の宗方・口総・浦戸・野々江各村の被害状況が記されている。(「大三島町役場文書」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大三島町誌編纂会編「大三島町誌 一般編」(大三島町、1988年)、1022-1023頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 山崩れ 死者 万福寺過去帳 大三島町役場文書
NO.
愛媛777

よく似た災害

明治17年8月の台風

明治17年(1884)8月25日に暴風雨があり、以下の被害が出た。死者宗方村8人・台村8人、負傷者台村1人、家屋流失宗方村31戸・宮浦村11戸・台村4... 続きを読む

明治17年9月の台風

明治17年(1884)9月17日、暴風雨激浪があった。(「大三島町役場文書」による) 続きを読む

昭和45年の台風9号・10号

昭和45年(1970)8月15日の台風9号に続き、21日に台風10号が来襲した。台風10号では東及び南の風が特に強く、このため被害は大見・宗方・肥海・... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)8月20日~21日に集中豪雨があり、町内各所で山崩れによる土砂が河川に流れ込んで氾濫し、決壊が相次いだ。なかでも口総大川は100... 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月1日、大洪水により勝浦川上流の各村は大きな被害を受けた。田野々村では、居宅・納屋の全壊8棟、半壊30棟、稲の被害3割、山畑5割... 続きを読む