昭和47年の集中豪雨

災害年月日
1972年08月20日
市町村
愛媛県今治市(大三島町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和47年(1972)8月20日~21日に集中豪雨があり、町内各所で山崩れによる土砂が河川に流れ込んで氾濫し、決壊が相次いだ。なかでも口総大川は100m余にもわたって決壊し、多量の土砂が田に流れ込んだ。また、台山田本川では上流の洪水に谷間のみかん畑が次々と押し流され、下流の人家に浸水した。県道大三島環状線は宮浦~宗方間ががけ崩れ・道路決壊で一時不通となるなど、道路は各所で寸断された。(「広報大三島」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大三島町誌編纂会編「大三島町誌 一般編」(大三島町、1988年)、1031-1032頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 山崩れ 口総大川
NO.
愛媛778

よく似た災害

昭和36年10月の集中豪雨

昭和36年(1961)10月26日~27日の集中豪雨のため、室生峠が土砂で埋没し、内海町西村地区の各所では山崩れ・地崩れ、安田では三五郎池の決壊等によ... 続きを読む

昭和36年の集中豪雨

image

昭和36年(1961)10月26日から27日にかけての集中豪雨により、室戸峠一帯の山が崩れ、土砂で道路は埋没した。内海地区では草壁、安田、苗羽がひどく... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)8月20日~21日、集中豪雨により、農道・水路被害2,000万円(大三島激甚水害)。 続きを読む

昭和42年の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨があり、大きな被害を受けた。雨量は127ミリ(宮浦中学校調べ)で、宮浦明治川が午後5時30分に決壊し、新地地区... 続きを読む

昭和41年5月の集中豪雨

昭和41年(1966)5月20日から集中豪雨により、県東部に惨禍となり、室戸から佐喜浜にかけて国道55号が寸断された。各所で山津波により学校、民家が土... 続きを読む