天保15年の干ばつ

災害年月日
1844年00月00日
市町村
愛媛県今治市(大三島町)
災害種類
渇水  
概要
天保15年(1844)、日照りが続くので、大庄屋が神社に雨乞い祈祷を依頼した。(「天保十五年辰御用日記」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大三島町誌編纂会編「大三島町誌 一般編」(大三島町、1988年)、1039頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 雨乞い 天保十五年辰御用日記
NO.
愛媛785

よく似た災害

元禄6年の干ばつ

image

元禄6年(1693)、田植え時期になっても降雨がなく、越智郡一帯は大干ばつとなった。各地で雨乞い祈祷が行われたが、6月半ばに至るも効験がなく、代官所で... 続きを読む

元禄12年の干ばつ

元禄12年(1699)6月、大干ばつ、雨乞い祈祷をする。(神恵院蔵の「弘化録」及び「讃岐大日記」による) 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)5月19日~21日の大雨で、台村本川が破損し、本田、新田が数町にわたって水損を受け、切口付近の人家2軒、塩浜、建物などが押し流され... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつ。8月26日現在の調査によると、作付面積35,778ha、被害田20,170ha、枯死田1,081haであった。各地で大... 続きを読む

明治6年の干ばつ

image

明治6年(1873)、記録的な大干ばつのため、多伎神社では4度の雨乞い祈祷を執行した。 続きを読む