昭和42年の干ばつ

災害年月日
1967年07月12日
市町村
愛媛県今治市(大三島町)
災害種類
渇水  
概要
昭和42年(1967)7月12日から10月26日の雨量は96ミリ(宮浦中学校調べ)と少なく、農作物の損害は4多く6,000万円に上った。干害応急対策事業、天災融資等の資金の貸し付け、町税の減免措置などが行われた。(「広報大三島」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大三島町誌編纂会編「大三島町誌 一般編」(大三島町、1988年)、1041-1042頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛787

よく似た災害

昭和36年の干ばつ

昭和36年(1961)7月1日~9月13日までの総降水量は27ミリの干ばつで、干害応急対策事業を実施。(伊方町資料による) 続きを読む

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)8月10日~30日の総降水量は30ミリの干ばつで、干害応急対策事業を実施。野菜などに干害が出て、秋まき野菜の種まき期が遅れた。(... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月9日に93.5ミリの雨があった後、10月5日までの87日間、雨らしい雨がなかった。農作物の被害は、水稲、甘藷、栗、柿、みかん... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月9日に93.5ミリの雨があった後、10月5日までの87日間、ほとんど雨がなかった。地表は乾燥し、畑作はもちろん水耕、果樹園芸... 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)7月中旬から9月中旬まで50日余日照りが続き、渇水のため上水道の時間断水が行われた。香川郡役所は、稲田干ばつに対する注意事項を関... 続きを読む