明治6年の干ばつ

災害年月日
1873年04月00日
市町村
愛媛県今治市(関前村)
災害種類
渇水  
概要
明治6年(1873)4月、5月に雨が少なく、田植えが遅れた。夏も大干ばつで、8月、9月の大風雨によって大凶作となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
関前村誌編集委員会編「関前村誌」(関前村教育委員会、1997年)、47-48頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛791

よく似た災害

享保3年の干ばつ

享保3年(1718)夏、大干ばつが起こり、大凶作となった。 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)、大干ばつで稲等の秋作物が枯れ、大凶作となる。(渡辺家「御用日記」及び長谷川家「覚書」による) 続きを読む

天明4年の洪水・干ばつ

天明4年(1784)、洪水、干ばつにより不作となった。天明の大凶作・飢饉。(「田野村誌」等による) 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日~8月30日の雨量は、7月85ミリ、8月17.4ミリで大干ばつとなり、農作物に大きな被害が出た。60年来の大干ばつであっ... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日~8月30日の雨量は、6ミリ(「愛媛県史概説」による)で大干ばつとなり、農作物に大きな被害が出た。60年来の大干ばつであ... 続きを読む