大正12年の石灰山の崩壊

災害年月日
1923年06月21日
市町村
愛媛県今治市(関前村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正12年(1923)6月21日、長雨によって小大下の石灰山が崩れ、人家の埋没15戸、半壊5戸、圧死者2人の被害が出た。河川14箇所340間、道路2箇所21間が要修理となり、災害援護法による県費補助を受けて復旧した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
関前村誌編集委員会編「関前村誌」(関前村教育委員会、1997年)、49頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 小大下 石灰山崩壊 死者 災害援護法
NO.
愛媛792

よく似た災害

大正13年の石灰山の崩壊

大正13年(1924)6月17日、豪雨により石灰山が大崩れし、120人が衣食に窮したという。(「伊予明治史」による) 続きを読む

大正9年の石見寺山の崩壊

大正9年(1920)旧暦7月3日の晩、集中豪雨のため、石見寺山が崩壊し、土石流により4人が犠牲になった。 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月9日~13日、台風17号により高知県は豪雨となり、仁淀川は大洪水となった。越知町では、道路67箇所、橋梁2箇所、河川28箇所... 続きを読む

大正7年9月の風水害

大正7年(1918)9月14日の風水害により、死者17人、行方不明4人、負傷者4人、河川決壊226箇所、河川破損8箇所、道路決壊112箇所、橋梁破損3... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号が来襲し、降水量が868.6ミリとなり、家屋倒壊9戸、死者1人、床上浸水542棟、床下浸水6,696... 続きを読む