大正13年の石灰山の崩壊

災害年月日
1924年06月17日
市町村
愛媛県今治市(関前村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正13年(1924)6月17日、豪雨により石灰山が大崩れし、120人が衣食に窮したという。(「伊予明治史」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
関前村誌編集委員会編「関前村誌」(関前村教育委員会、1997年)、49頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 石灰山崩壊 伊予明治史
NO.
愛媛793

よく似た災害

大正12年の石灰山の崩壊

大正12年(1923)6月21日、長雨によって小大下の石灰山が崩れ、人家の埋没15戸、半壊5戸、圧死者2人の被害が出た。河川14箇所340間、道路2箇... 続きを読む

大正9年の石見寺山の崩壊

大正9年(1920)旧暦7月3日の晩、集中豪雨のため、石見寺山が崩壊し、土石流により4人が犠牲になった。 続きを読む

昭和47年の比島山の崩壊

image

昭和47年(1972)9月15日、豪雨により比島山が崩壊し、住家8棟が押しつぶされた上、火を出して10人が死亡した。(写真1枚) 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月、暴風雨により、高知県南西部沿岸にサンゴ漁に出ていた漁船が遭難漂流し、郡内漁民15人が死亡、53人が行方不明というこの地方最... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、大地震と大津波があった。津波は川伝いに小山の上手、浪切不動の辺りまで寄せたという。当時を知る人が残した話では、中里・木... 続きを読む