昭和42年6月の集中豪雨・干ばつ

災害年月日
1967年06月00日
市町村
愛媛県今治市(関前村)
災害種類
風水害  渇水  
概要
昭和42年(1967)6月、200ミリの集中豪雨があり、8月~9月には100日間の干ばつが続いて、みかんの皮に凹凸ができた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
関前村誌編集委員会編「関前村誌」(関前村教育委員会、1997年)、50頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 干ばつ
NO.
愛媛794

よく似た災害

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月10日から10月5日までの85日間、西日本を中心に記録的な干ばつとなった。みかんは8月下旬頃から葉が巻き始め、いわゆる菊みか... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から7月13日まで約60日間干ばつが続き、この時の雨でやっと田植えができたという。その後また48日間干ばつが続き、合計1... 続きを読む

昭和55年の降雹

昭和55年(1980)6月28日18時30分から18時50分頃まで、寒冷前線の通過に伴い、突風とともに雹が降った。水稲、桑、栗、家屋などの被害は5,5... 続きを読む

文政12年の干ばつ

文政12年(1829)6月17日から8月10日まで、53日間日照りが続き、大干ばつとなり、作物の実りが十分でなかった。しかし、水の続いたところは豊作を... 続きを読む

文政12年の干ばつ

文政12年(1829)6月17日から8月10日まで53日間日照りが続き、大干ばつとなり、作物の実りが十分でなかった。しかし、水の続いたところは豊作を迎... 続きを読む