昭和42年7月の集中豪雨

災害年月日
1967年07月09日
市町村
愛媛県今治市(関前村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨があり、山崩れで岡村では12人が生き埋めとなり、うち6人が死亡した。また、大下でも3人の死者を出した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
関前村誌編集委員会編「関前村誌」(関前村教育委員会、1997年)、50頁及び54頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 山崩れ 岡村 死者
NO.
愛媛795

よく似た災害

昭和46年の集中豪雨

image

昭和46年(1971)7月25日~26日の集中豪雨は、安田町を中心に中芸地区に大きな被害を与えた。安田町では特に正弘、間下、東谷地区の被害が大きく、正... 続きを読む

昭和46年の集中豪雨

昭和46年(1971)7月25日~26日の集中豪雨は、安田町を中心に中芸地区に大きな被害を与えた。安田町では特に正弘、間下、東谷地区の被害が大きく、正... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)、室戸台風が襲来し、県下では9人の死者を出した。 続きを読む

昭和10年7月の濃霧

昭和10年(1935)7月3日、濃霧のため、小豆郡坂手村の福部島沖で、客船(1,727トン)が貨物船(4,115トン)に激突され、船客・船員166人の... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

image

昭和47年(1972)9月7日から降り始め、8日から9日にかけては173ミリの豪雨を記録した。河川は氾濫し、土砂崩れが長沢、乃万など7箇所で発生し、予... 続きを読む