明治17年の台風

災害年月日
1884年08月25日
市町村
愛媛県松山市(北条市)
災害種類
風水害  土砂災害  高潮  
概要
明治17年(1884)8月25日、沖縄の西方より高速度で北東に進んだ台風は九州北部を通過し、鳥取県境港付近より日本海に去った。北条市地方では、この時の暴風・海嘯(高潮)によって鹿島神社付近の山崩れが起こり、潮位は辻町で6尺(1.8m)に達したという。粟井村郷土誌は、沿岸地域で家屋、田畑が流失し、溺死者3人が出たことを伝えている。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北条市誌編集委員会編「北条市誌」(北条市誌編纂会、1981年)、60頁及び66頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高潮 山崩れ 粟井村郷土誌 溺死者
NO.
愛媛816

よく似た災害

明治25年の洪水

image

明治25年(1892)7月23日~25日の暴風雨により、物部川橋付近の堤外地が押し流され、東岸では十善寺の深渕神社地が流出した。また、西岸三島村の堤防... 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により、土佐西部では住家など多くの損害があった。この台風はしだいに東部に移動し、高知城下でも天守閣のシャチホコ瓦... 続きを読む

平成16年の台風16号

平成16年(2004)8月27日~31日の台風16号により、高松市などで高潮災害が発生した。高松港の潮位は2.46mに達した。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、台風による暴風雨と高潮で甚大な被害が出た。被害は海岸地域に集中し、高さ1.5m以上の高潮によって、沿岸の家屋、堤防、... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日、台風が鹿児島から八幡浜近くを通過した。仁淀川は大洪水になり、伊野町電車終点の道路浸水位は5尺になったという。 続きを読む