昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月08日
市町村
愛媛県松山市(北条市)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号の接近により日本列島に停滞していた前線が刺激され、東予地方を中心に1,000ミリを超える大雨が降った。北条市では、9月8日午前10時の降り始めから13日午前9時までに、市役所で398ミリ、立岩小学校で527ミリ、米之野で645ミリを記録した。このため、小山田、庄府、儀式の立岩水系と九川川などで土砂崩れ、道路の決壊、水田・みかん園の流失などが相次いだ。立岩川では消防団員、地元民ら延べ400人で堤防の補強や警戒にあたった。被害額は47億円を超えた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北条市誌編集委員会編「北条市誌」(北条市誌編纂会、1981年)、64頁及び70-72頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 前線 大雨 土砂崩れ 立岩川
NO.
愛媛825

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日から12日までの台風17号による降雨量は500ミリを超え、町内各所で山崩れ、がけ崩れ、河川の土砂による埋没、稲の鹹水、家... 続きを読む

昭和41年の台風21号

昭和41年(1966)9月17日~18日の台風21号と秋雨前線により集中豪雨が発生し、大西のザレ大となる。また、岩舟で土砂崩れ2箇所。 次いで24日の... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月10日~13日の台風17号により、東予地方で大雨による被害が続出した。東予地方では8日~12日の5日間に平地部で700~80... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日午後2時、台風が鹿児島県阿久根市付近に上陸し、北九州を経て山陰から日本海に抜けた。愛媛県では8日から豪雨となり、河川... 続きを読む

昭和33年2月の大雨

昭和33年(1958)2月1日~2日、低気圧が土佐沖を通過したため、全県下で強雨となり、特に西部、中部に集中した。2日の雨量は高岡、須崎、窪川で100... 続きを読む