明治26年の干ばつ

災害年月日
1893年07月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
明治26年(1893)7月~8月、干ばつのため、市民に井水の放流をさせた。(「松山叢談」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市編「松山市誌」(松山市、1914年)、34頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 井水 松山叢談
NO.
愛媛835

よく似た災害

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)7月~8月、干ばつにより井泉の放流。 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)6月~7月、干ばつにより、稲植え付けが困難となる。(「松山叢談」による) 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)5月より、干ばつのため、植え付けが相整わない所が多く、雨乞い、祈祷が各所で行われた。(「松山叢談(増田家記)による)/12月19日... 続きを読む

寛文3年の干ばつ

寛文3年(1663)、干ばつのため、物成三分の一不納なり。(「松山叢談」による)7月、大干ばつのため、不作。(「新居郡誌」による) (註)九州及び江戸... 続きを読む

寛政2年の干ばつ

寛政2年(1790)夏、干ばつ。12月23日、御領分、当夏の干ばつのため、田畑不熟、御損毛74,508石の御届あり。(「松山叢談(某家記)」による) 続きを読む