文化11年の干ばつ

災害年月日
1814年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
文化11年(1814)夏以来の干ばつにより、損毛が46,107石余となった。(「増田家記」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第2巻」(松山市、1993年)、395頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 増田家記
NO.
愛媛839

よく似た災害

文化11年の干ばつ

文化11年(1814)夏、干ばつ。12月26日、当夏以来、旱損により田畑不熟、損毛高46,107石余の御届書が老中に差し出された。(「松山叢談(増田家... 続きを読む

文化6年の干ばつ

文化6年(1809)、干ばつ。12月22日、御領分、干ばつが続き、田畑不熟、御損毛76,358石余。(「松山叢談(増田家記)」による) 続きを読む

文化6年の干ばつ

文化6年(1809)、干ばつによる損毛高が76,0358石余に達した。(「増田家記」による) 続きを読む

文化4年の長雨

文化4年(1807)夏以後、長雨。文化5年1月14日、御領内、去夏以来の雨続きのため、不熟、損毛高14,593石余の御届あり。(「松山叢談(本藩譜)」... 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)、干ばつのため稲の植え付けのできないところが多く、損毛高は116,258石余に及び、最大の凶作となった。この間、家中、郷町でも雨乞... 続きを読む