明治6年の干ばつ

災害年月日
1873年06月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
明治6年(1873)6月~7月、干ばつにより稲播種の養水も得ることができない状態であり、たまたま泉水を汲んで田植えをしても成育しない状況となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第3巻」(松山市、1995年)、222-223頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛841

よく似た災害

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)2月頃から降雨がなく、5、6月になっても雨はなく、稲播種の養水を得ることができず、県下一円深刻な水飢饉の様相を呈した。数万町歩の田... 続きを読む

昭和34年の干ばつ

昭和34年(1959)6月、空梅雨となり、田植えができずに稲作をあきらめて転作した農家もある。江原地区の吉野川に近いところでは、臨時に揚水ポンプを置い... 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)2月、3月頃から旱害が続き、県下の河川や沼地は次第に減水し、5月には農業用水も絶えてしまった。その後、田植え時期の6月に入っても雨... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)は春から雨らしい雨がなく、梅雨に入っても日照り続きであった。田植えは部落総出で、水上から「押し田」という共同田植えを行った。植え終... 続きを読む

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)4月1日から6月25日まで降雨なく、田植えを終えたもの4割。(「三豊郡誌」による) 続きを読む