昭和33年の渇水

災害年月日
1958年06月24日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
昭和33年(1958)6月24日、松山市上水道は、水源の重信川がかれてしまい、旧市内と工場地帯の給水制限を強化。7月31日には、日照り続きで、松山市水道局は再び給水制限を開始。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第4巻」(松山市、1995年)、219-220頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
渇水 重信川 給水制限
NO.
愛媛845

よく似た災害

昭和42年8月の渇水

昭和42年(1967)8月19日、日照り続きのため、市公営企業局は給水制限を決定し、2割の給水制限を行った。連日の暑さと出穂前で水の使用量が増えたため... 続きを読む

昭和34年の渇水

昭和34年(1959)6月28日、松山市水道局は水不足に備えて市民に節水を呼びかけた。7月3日、ついに給水制限。夜8時から翌朝5時まで断水。水道局は、... 続きを読む

昭和43年の渇水

昭和43年(1968)6月22日、家庭用水1~2割、工業用水2~3割の給水制限。この年も降雨がなく、松山市で使用する水の90%を供給している重信川水系... 続きを読む

昭和57年の渇水

image

昭和57年(1982)、早明浦ダムで渇水が発生し、翌年には香川用水が40%の取水制限を受ける異常事態(取水制限日数55日)になった。 続きを読む

昭和48年の渇水

昭和48年(1973)、高松市では「高松砂漠」と呼ばれた異常渇水が発生し、7月13日~9月8日の58日間にわたり上水道の給水制限が実施された。 続きを読む